SEE THE COMPLETE LIST
ホーム   |   WCIについて   |   入会について

入会について

 

入会方法

ご興味のある企業、団体(ユーザー、サプライヤー、インテグレーター、その他研究機関)はいつでもISA100WCIに参加することができます。

まずは会員申し込み用紙をダウンロードし、事業内容説明をご参照下さい。

(会費、メールのご案内を記載しています。)
入会申込用紙 ダウンロードred_arrow.gif
事業内容説明 英語版   ダウンロードred_arrow.gif
事業内容説明 日本語版 ダウンロード
red_arrow.gif

ISA100WCIへの入会に関して不明な点がございましたら、Contact usのページより、ISA100WCI日本支部までメールにてお問い合わせ下さい。

Contact usのページへred_arrow.gif

入会のメリット

業界をリードする企業が本協会の設立当初からISA100WCIを支持しています。入会すると次のメリットがあります:

  • 認証プログラムの内容を理解し、その策定に関わることができます。
  • テスト仕様の作成に貢献することもでき、またその内容を知ることができます。
  • サプライヤーにとってのメリットは、ISA100適合製品開発をスムーズに行うことができること、機器やシステムの適合性を開発の初期段階でテストして確保することができることです。急成長する工業用無線市場では、Time to Marketが非常に重要です。
  • ユーザーにとってのメリットは、特定の用途ごとに難しい設定をすることなく、個々のプラントに必要な信頼性、安全性、相互運用性を確保できることです。
  • 無線技術の導入やシステム開発をするために、各社のプロジェクトを実際に推進している最先端のプロフェッショナルと情報交換ができます。
  • エンドユーザーとサプライヤーが協力してISA100 WCIの活動に取り組むことで、無線ビジネスに必要な「標準化規格への適合」という市場の要請に対して、どのように対処するべきかの価値ある見識を得ることができます。

 

会員レベルと会費

会員レベルにはサプライヤー会員と非サプライヤー会員があります。本協会は7名のサプライヤー会員と1名のエンドユーザー(非サプライヤー会員から選出)により構成される理事会によって運営されます。理事会は協会のリーダーとして組織の方向を示し、戦略的目標の設定や協会の運営方針に関与します。

ISA100 WCIは組織内でユーザー、サプライヤー及びその他の重要なステークホルダーのバランスを保った政策やガイドラインにより、製造業界とオートメーション業界を横断した公正な立場であるように努めています。
 

サプライヤー会員

参加を希望するサプライヤーはどなたでも協会に加入できます。
 

サプライヤー会員資格

サプライヤー会員は協会が主催する全てのプログラム、会議、提案動議に参加し、協会の政策や内規に合致する全ての政策案や技術的な問題に関しての投票権を有します。

サプライヤー会員は協会が提供する全ての権限を享受できます。その多くはサプライヤー会員説明の権利部分にリストアップされています。

 

サプライヤー会員年会費

年会費は以下の表.1に示すように企業の売り上げによって変化します。会費は入会時に12ヶ月分を支払い、毎年12ヶ月ごとの更新となります。

表.1 サプライヤー会員年会費

 

年会費 

年間企業売り上げ

33,000 US$ 10億US$ 以上
22,000 US$ 5億US$ - 10億US$
16,500 US$ 1億US$ - 5億US$
11,000 US$ 5千万US$ - 1億US$
  5,500 US$   2千万US$ - 5千万US$
  3,250  US$ 2千万US$ 以下

サプライヤー会員、非サプライヤ会員に関わらず、44,000US$の会費を支払うことで、理事会に参加することができます。


非サプライヤー会員

工業用無線製品/システムあるいは部品のサプライヤーもしくは製造業者以外で協会にご興味のある方。
 

非サプライヤー会員資格

技術審議プロセスの全てに参加して投票するなど、会員としての全分野の特権を享受できます。無料サポートが受けられるほか、有償の製品やサービスに関してはメンバー割引が適用されます。組織内にエンドユーザーの声を反映させるために、立候補と投票により、非サプライヤー会員のうちの1人のエンドユーザーに協会の理事会に参加いただきます。

非サプライヤー会員年会費
年会費は1,800US$です。